エス・デザイン株式会社 エス・デザイン一級建築士事務所

REMODELING WORKS

es-design architect studio完成

今年2013年、1月に弊社隣のフレンチレストランが、残念な事に閉店してしまいました。

エス・デザインは時々お食事会を開いて、スタッフの交流を深めてきましたが、リーズナブルでそれでいて創作料理の工夫と美味しさで、みんな大好きでした。

その後、お隣をお借りして、新店舗をオープンすることになりました。

2月から工事を着工して、看板まで出来上がったのは、4月末です。

建築専門の部門としてのお打ち合わせをメインに使うことで、

es-design architect studio(エス・デザイン アーキテクト スタジオ)

と言う看板も付き、新店舗をオープンいたしましたのでご紹介いたします。

旧事務所同様、スケルトンになった店舗からの改築です。
建築に関するお打ち合わせを、ゆっくりしていただけるよう、スペースには、かなりの余裕を持たせました。
白をベースに赤でコーディネートしました。
壁には、珪藻土の見本をいろいろ塗り分けて、皆様にご覧になっていただけるようにいたしました。

床は、無垢の足場板が張られていましたので、そのペンキを剥がし、白のペンキを塗り、拭き取り仕上げをしました。アンティーク感がでたと思います。

壁のブラケットは、杉板で作り、赤の艶なしペイント仕上げです。
艶なしの深い赤は、明るさは勿論ですが、以外に落ち着いた雰囲気を感じさせてくれると思いますが、いかがでしょうか?

不動産部のブラケットは白の拭き取り仕上げで、木目の美しさを感じていただける仕上げにしましたが、そのデザインと同じにし、共通性を持たせました。
このデザインは、私のオリジナルですが、上を棚にでき、また大きさも蛍光灯に合わせていろいろなサイズにでき、色もいろいろな色を塗り、楽しむ事が出来ます。
コストも抑えられるので、今気に入っているデザインです。
器用な方でしたら、ご自宅に、自分で作れると思いますので、挑戦してみてはいかかがでしょうか?

新事務所1新事務所2右側と左側で棚の色を変え、大きな赤の棚一つを部屋のアクセントとしました。
また、レストランのカウンターに使われていた長さ3,3m厚み7cmのカウンターも、処分にお困りと言う事で、引き受けさせていただき、打ち合わせテーブルとして再利用しました。

表面を製材し、松の木目が美しいので、白のペンキの拭き取り仕上げとしました。

不動産部にもキッズルームも作りました。
お子さんたちが、本を読んだり、ぬいぐるみで遊んだり、DVDやTVの子供番組を観ながら、待っていられるお部屋が完成しましたので、お気兼ねなくお子様をお連れいただけます。
壁と天井は珪藻土で仕上げたものに、絵本からの切り抜きを両面テープで張っただけで、こんなに楽しそうなキッズルームになりました。
お子さんが成長した後は、切り抜きを剥がして、お使いになれます。

お打ち合わせブース1

壁・天井は塗り壁・一部珪藻土。床は松無垢材:白のペンキ拭き取り仕上げ

お打ち合わせブース1

赤カタログ棚:艶なしオイルオイント仕上げ。

お打ち合わせブース2

白カタログ棚:艶なしオイルペイント仕上げ。 壁の赤ブラケット:杉造作

お打ち合わせブース2

松無垢カウンター:お打ち合わせデスク

外観