エス・デザイン株式会社 エス・デザイン一級建築士事務所

DESIGN HOUSE

ウッドショックと住宅設備機器

コロナが蔓延し、世界中をパニックに陥れ、沢山の死者を出し、医療体制、ワクチンの接種問題等、混乱が続いて後二ヵ月で2年になろうとしています。現在2021年11月末、日本の感染者数は激減し、このまま収まってくれたらいいのにと、誰もが願っていますが、世界では第6波が始まり、イギリス、ドイツ、フランス、ロシア、アメリカ、韓国などは急激に感染者が増加しています。南アフリカでは変異株「オミクロン」が検出され、今までのワクチンの効果が得られないとの発表がされたばかりです。そんな中、今年は、世界的なウッドショックに陥り、現在も木材の価格が高騰しています。また住宅設備機器のパーツ不足でこれらも入荷ができずに困っている商社、大手メーカー、建築会社、建築設計事務所がたくさんあり、大手ハウスメーカーの買い占め、価格高騰に便乗したさらなる価格高騰や入荷不足を生んでいます。輸入に頼っている日本は建築資材のみならず、石油、小麦、コーン等々現在は多くの食品の値上げが始まっています。 この先、何がどこまで上がっていくのだろうと不安ばかりです。
石油産出国の輸送に関わる輸送費(石油)の売り渋りによって、建築資材、食糧などの値上がりが始まり、輸入に頼っている日本は、中国の高値買い付け競争に負け、打撃の大きさが膨らみ、今の状況があると思われますが、それでも、着実に足元見て建築という業界の一端を担い弊社は前へ進んでいます。 上棟を待っていらっしゃるお客様がいる中、新築の社有物件が完成しました。これから外構工事に入りますが、不動産は活発に動いていますので、多角営業をしている弊社は不動産のみならず、注文住宅や大型リフォーム工事等のお申込みをいただいています。 11月中に来年のカレンダーを恒例に従って、来年は点検でお伺いできたらと願いながら配りました。車を走らせ、相模原近辺のお客様には外部の目視チェックをしながら、私北原が配りました。遠くのお客様には、郵送にてお送りさせていただきました。
コロナが始まって以来、点検でお伺いするのを控えていますので、このまま収束に向かってくれたら、また皆様の元気なご様子を伺えるのではないか?と期待しています。変異株オミクロンの日本上陸を水際対策をしっかりしていただいて、日本に蔓延しないことを切に、切に願っています。

ここ数週間、皆様のお家に向かう道すがら、工事中の思い出が脳裏に蘇ってきました。この現場は春から暑い夏、秋だったな、この並木道で季節を感じながら現場へ向かったなと思い出していました。冬の現場で凍結を心配したリ、台風の季節でシートを張りに来たな、など思い出はたくさん詰まっています。 一年に一度、過去の現場に向かいながら思い出す時間です。そして、それぞれのご家族との思い出も蘇ります。 たくさんの素敵な出会いがあり、その後も点検等でお邪魔させていただいたこと、新しいお客様をご案内させていただき暖かく迎えてくださったこと、たくさんの心温まるお喋り、ご一緒に笑い転げたことなども思いだして一人でクスっと笑ったりしていました。

そして、あるお客様から、お配りしたカレンダーを毎年仕事場へ持っていき使っていて、とても重宝しているとのことをお聞きして、とっても嬉しかったです。

2021年の12月を迎えて、今年も楽しく仕事ができたこと、素敵な出会いに恵まれたことを感謝しています。
来年は点検でお伺いできる日を、そして皆様にお会いできる日を楽しみに待ちたいと思います。