DESIGN HOUSE

English Cottage

本格的なイングリッシュコテージのデザインで、
・珪藻土や天然塗料、墨による防蟻処理施工、
・丸鹿窯業株式会社の本物の天然スレートの屋根、無垢材の床、窓は輸入サッシ:ペラ「内側木製・外側アルミ・ペアガラス・アルゴンガス入り」
・アーティストによる創作玄関ドアやアイアンの窓手すり、
・ヤマハのカントリー風システムキッチン・バス
さらにはインテリアコーディネートやガーデニングまで  トータルにまとめ上げた自信作です。  イギリスの田舎にあるコテージを追求した”家創り”となりました。 イギリスでの6年の生活経験を生かして、すべてに本物を求めてデザインし完成しました!カントリーアンティークを愛する奥様は陶芸の釜を将来庭に取り付けるご予定。 広めの洗面所は陶芸創作室にも使えるように、床にテラコッタタイルにしました。リビングと食堂の天井には大きな焼かれた梁が通り、太い焼き柱も珪藻土(けいそうど)の壁や天井にその存在を見せ、無垢材の床はイギリスの田舎のコテージに行ったような気がするでしょう  アフターヌーンティーとスコーンでもてなしてくれるちょっと太目のB&B(ベッド&ブレックファースト)のママが 「いらっしゃい!紅茶はどう?」と言って迎えてくれそうです。玄関ドアはもちろん、玄関ホールの窓や洗面キャビネット、鏡や、トイレの手洗い器は英国人アーチスト、スティーブ・プールにお願いしました  アイアンのカーテンレールやバルコニーや階段の手すりもアーチスト物です。 ひとつひとつ丁寧に人の手が創り上げる本物のイングリッシュコテージです。  小学生の娘さんと、息子さんたちのお部屋は大きなロフト付き。 ベッドを置かずにロフトをベッド代わりにし、トップライトから移り変わる月や星を眺めながら眠る、そんな夢のような子供部屋にしました。