エス・デザイン株式会社 エス・デザイン一級建築士事務所

DESIGN HOUSE

Ocean front House:オーシャン フロント ハウス

昨年末に建築は完了していましたが、引き続き外構工事をお受けし、S様のご要望にお応えし完了後に家具などが揃うまで、撮影をお待ちしました。今回そのような対応をさせていただくのは初めてでした。
現場が三浦市の海岸線沿いなので、調査から始まり職人さんたちとの打ち合わせやS様立ち合いの打ち合わせなど、そのたびに海岸線沿いの道を車を走らせ、海を眺め、現場からの景色に心を奪われていました。海岸では乗馬やバーベキューを楽しむ人たち、海ではSUPを楽しむ人たち、夕暮れには親子連れで散歩をする人たち、空を見上げると鳶が大空を飛びかい、目を遠くに移すと晴れた日には反対側の南房総や鋸山が鮮明に見え、時間が穏やかに流れている気がしました。 太陽の光にキラキラと海面が輝くのを見て、曇った空が海を覆うのを見て、冬には大根が海岸に干されるさまを見ると、こういう大きな空と海を見ながら暮らす生活もいいなと心から思いました。

さて写真撮影の時に伺った際には、奥様がこだわりにこだわった海と青の小物や照明、家具など、妥協をせずに徹底的にお好きなものでまとめたその情熱には脱帽し、感動しました。 こんな風にこだわりを貫くお客様に出会ったのは建築にかかわった長い歳月の中で、初めてでした。  お客様の声の欄に送ってくださったコメントを読みながら終の棲家として妥協できない、好きなものに囲まれて暮らしたいという思いの重さを感じました。 通常ですとデザインやインテリア、照明器具、外構のデザインまでご提案を依頼されるのですが、建物はシンプルでいいですとおっしゃった初めの出会いのときから、すでにイメージができていらしたんだと思います。  素人の方でここまでまとめあがられた方は、初めてでした。 都内のご自宅もそうですが、二度目の家造りに関して、整理されていらしたんだと思います。  ですから、私の出番は、しっかりした器としての建物をご提供するのみでした。

毎回、どの現場も私の思い入れたっぷりでご提案をしデザインをし、ご提供しますが、「Ocean front House」は、S様の整理された思いが小物たちに表現されていて、家のいたるところにそれが見られるという、忘れられない現場となりました。
2019年10月吉日