エス・デザイン株式会社 エス・デザイン一級建築士事務所

DESIGN HOUSE

オランダの家、暮らしを楽しむと言うこと。

今日は3月にお引き渡しをした「オランダの家」の点検に行ってきました。
外壁、基礎、軒天、破風、開口部、ベランダ防水、玄関ポーチのタイル等の外部はすべてOKです。室内は床、壁・天井のクロス、建具等の内装もOKです!住宅設備機器のキッチン、ユニットバス、洗面台、水栓金具、給湯器、トイレなど、すべてOKでした。ベランダの落ち葉掃除もしてくださっていましたので安心しました。
点検が完了後に、コーヒーをいただきながらご夫妻とお喋り。楽しいご夫妻との会話からとっても幸せに暮らしてくださっている様子が伺えました。
一生懸命ご要望にお応えし、デザインをし、建ててお引き渡しをしたそれぞれの家ですので、素敵に暮らしていただいていると嬉しくなります。気に入っていただいていること、またお友達が遊びにいらしてバリアフリーのプランに「家もそうしたい」とおっしゃっていたそうで、とっても嬉しそうにお話してくださり、ご自慢の家になって嬉しかったです。
また荷物を運ぶ時にちょっと傷つけてしまったことを、ご主人が「自己申告ですね」と笑いながらおっしゃって、それから「北原さんたちが一生懸命に作ってくれた家だから申し訳ないと言う気持ちがいっぱいなんです。」とおっしゃってくださり、奥様がご主人がぶつけたり傷つけたりしたときに、「北原さんに怒られるから」とおっしゃるそうで、二人がこの家を大切にしてくださっている気持ちと、そう言っていただけて心から嬉しかったです。
お家の中を見回すとご自分たちが海外生活でご購入された味のある置物たちが独特の雰囲気を醸し出しながら、それぞれの空間にストーリーを生み出していました。
アーティストによるワニや手をちょこんと出した真ん丸の猫やハイヒールを履き手袋をした椅子などの作品たちは、「ここにいるよ」と言わんばかりにコミカルに佇んでいました。螺鈿(ラデン)のゴジラや土偶さん、可愛い布製の手作りの置物には命が宿っていました。
ハロインの飾りつけも小さな子供がその世界に入り込んでいるような楽しい演出が施されていました。
赤ちゃんの写真は、息子さんが赤ちゃんの時の写真です。可愛い笑顔のHappy Babyです。今は大学生になられていて素敵な青年になっています。

仲睦まじいご夫妻の様子と、家での生活を楽しみ愛してくださっている気持ちに触れ、幸せな気持ちで帰社しました。
どうぞ、これからもお家を可愛がってください。お庭つくりなどは、楽しみながらゆっくりじっくりなさっていただけたら幸いです。

そして、海外で集められた置物や絵が、まだまだたくさんお持ちになっていらっしゃるので、次回の訪問をまた楽しみにしたいと思います。
ウキウキ♪♪♪